三重県補聴器センター お問い合わせ

弊社の特徴

これは厚生労働省管轄のテクノエイド協会が定めた条件を満たす補聴器店のことです。補聴器の専門教育を最低でも4年間経たスタッフが常駐し、十分な設備・器具を整備しているなどの諸条件をクリアした店舗です。プライバシーに配慮した個別の相談スペースを設けています。

認定補聴器技能者の他に言語聴覚士が在籍しております。音声言語学、高次脳機能学など多方面にわたる分野から皆様の聞こえのお世話をさせていただきます。

最近はお洒落な補聴器・人から見えない補聴器・携帯電話やテレビとワイヤレス接続する補聴器など、各メーカー特長があります。補聴器専門店として日常の聞こえで悩まれる方々の様々なご要望にお応えします。

認定補聴器技能者を中心とした専門スタッフが補聴器装用時と非装用時でどれだけ聞こえが改善されたかを具体的な数値でお示しいたします。ご本人様はもちろん、ご家族の方も補聴器の効果を実感できます。(最新設備の防音フィッティングルームで測定)

お求め後3年間の故障につきましては無料で修理対応いたします。
万一、ご注文いただいた補聴器がお耳の型に合わない場合も期間中無料で対応いたします。
■3年以外の修理保証もあります。(最長5年)
■1年以外の紛失保証もあります。(最長3年)

補聴器専門店は聞こえに不自由をお持ちの方にとって、毎日の聞こえのパートナーでなくてはなりません。当センターなら、万一故障したり音質調整が必要な時でも安心。いつでもすぐに調整や修理対応が可能です。

補聴器をお求め後、様々な事情で店舗へのご来店が難しい方も安心です。スタッフがご自宅を訪問して、クリーニング・点検・調整などをいたします。
(店舗と同様で無料)

利用者の声

当店をご利用頂いたお客様からのお喜びの声をご紹介します。
なお、お喜びの声につきましてはご本人様の承諾を得て掲載しております。

伊藤まさよ 様 【桑名市在住】

利用者の方

私の補聴器との最初の出会いは、行き先を告げられぬまま孫に連れてこられた相談会でのことでした。これまで畑仕事への道中にこちらが挨拶をしても返事を返してもらえないと寂しい思いをしたり、距離の離れた仲間の声が聴きにくい程度で私自身大きな不便は無いと思っておりましたし、補聴器に対してもよい印象はなかったのですが、いざ使用してみると喫茶店での友人との会話もよく聞こえ、今まで返事をしてもらえなかったのではなく返事が聞こえていなっかたこと、孫との会話もとても楽になったのでした。
今では、朝起きてから寝るまで私の耳の一部として欠かせない物となっております。「おしゃべりが楽しめるって本当に幸せなことですね。」

日紫喜愛子 様【桑名市在住】

利用者の方

補聴器にお世話になり4年が経ちました。最初の半年はなかなか馴染めませんでしたが、センターの方に何度も調整をしてもらい段々慣れてきて現在は無くてはならない身体の一部になりました。
補聴器を使う前は自転車に乗っていて後ろから来る車に気付かず恐ろしい思いをしたり、グループでお話会に行ったときは皆さんが楽しく笑って居られるのに、私だけ一息遅れてしか理解できず疎外感を感じたり、家族との夕飯後の団欒でも皆の言葉の端々が聞き取れないので、ついつい早めに席を立つことが多くとても淋しい思いをしたものでした。
今ではそんな事が嘘のようにすべて解消され、楽しい毎日をとりもどしました。

飯田喜代 様 【四日市市在住】

利用者の方

私は4年程前、突然左耳に蝉の大合唱の様な耳鳴りに襲われ、突発性難聴と言い補聴器も駄目と診断され、しばらくして右耳に補聴器を付けました。何度も丁寧なメンテナンスを重ねて貰い喜んで居ますが、大きな会場でのマイクの声やテレビの声に今一つの思いがありました。3,4カ月前にスタッフの方が「一度左の聴力を計って見よう」と、其の結果「大丈夫、付けられるよ」直ぐ調整してくれたものを左耳に付けて「どうですか?」「エッー! これッ」思わず声が出てしまいました。頭の中で薄いベールでも剥がされた様な感じでした。聴こうとする神経が自然と右に負担をかけていたのですね。音が頭の中心から聴こえてくるのを実感しました、目も、耳も同じで左右の均整が何如に大切かを再確認。
両方付けて良かった。
今ではマイクの声も良く聴こえて嬉しいです。補聴器センター様、毎月毎月有難うございます。出来る限りメンテナンス会場に行きますので、今後ともよろしくお願い致します。
“大事な補聴器を永く使用するために”

森六四枝 様 【四日市市在住】

利用者の方

真珠腫性中耳炎を乗り越えて。

遡ること数年前、軽い難聴に悩まされ耳鼻科で受診すると左耳を真珠腫性中耳炎と診断されました。進行を止めるには手術をしなければならず平成22年に左耳の手術をしましたが聴こえは保証できないと言われました。手術から半年後補聴器にめぐりあい右耳に使用しておりました。相談員の方には私の相談を親身になって耳を傾け、しっかりと調整をしていただいた甲斐もあり小鳥の声や、温暖化の影響で少なくなっていたと思っていた季節の虫たちの奏でる美しい合唱も楽しめておりました。
しかし、その後右耳も同じ病に侵され「なぜ私だけ・・・」とお医者様に伺うと「体質です。」と一言。こうして平成26年に前身麻酔全4時間の大手術を再度受ける事になり、術後左側にも補聴器を作りました。
私にとって補聴器は手放す事が出来ない大切な物で、補聴器には感謝の念でいっぱいです。

橘進 様 【四日市市在住】

8月に80歳を迎えますが、幸い年齢のわりに元気でいますので、稽古に夢中になって、名古屋、大阪などの舞台に上がり、また、有名なプロの舞台を見て楽しんでいます。
丁度2年前、家で夕食中に両耳がひどい耳鳴りをして全く聞こえなくなっていました。
早速病院に飛び込みましたが、先生から突発性の感音性難聴でこの難聴は治らないと言われ大きなショックを受けました。
高齢になってからの家庭生活の不自由は勿論、永年能の魅力に惹かれてきた楽しみがなくなると思うと目の前が真っ暗になりました。
幸い知人の紹介で補聴器センターへ家内と一緒に伺いました。
カウンセリング、聴力測定の結果をふまえ左右両耳に私専用のデジタル補聴器を装用することが出来ました。 専門員さんの豊富な技能でコンピューター制御のきめ細かい調整を繰り返し、現在では私の大切な身体の一部となっています。
私が補聴器センターを選んだのはアフターサービスが非常に良いと聞いたのが理由でした。
お陰で生活も楽になり、能の魅力に惹かれ名古屋へ稽古に、能楽堂へ通っています。
補聴器を装用して舞台に上がっていますが地謡、囃子の音色はたまらなく聞こえて楽しんでいます。
私は足利時代より伝わっている能の世界、幽玄の美の世界に能楽堂へ通い続けることが出来ているのです。

西根征生 様 【鈴鹿市在住】

利用者の方

補聴器に巡り合えて

平成19年の夏、新聞折込広告で知った鈴鹿労働福祉会館で開催された補聴器相談会に顔を出したのが、補聴器とのおつきあいの始まりでした。
定年退職し年齢の60歳を超え、講演会や大勢の集まりで聞き取れない事が多くなり、気になり始めた時でした。補聴器センターの聴力検査を受け補聴器を勧められ、特にきこえの悪い右耳だけでなく左耳もつけることにしました。左右それぞれ本当に丁寧に調整していただき、補聴器をつけた耳は今まで経験したことのない音の世界がぐ~んと広がる思いでした。
趣味の山歩きやウォーキングでは、鳥の囀りや谷川のせせらぎの音が新鮮に心地よく感じられ、嬉しく楽しい思いに浸っています。また、テレビの音声が直接届く機能もあり、ドラマや映画のセリフが本当によく聞き取れ、今までになく楽しんでいます。
補聴器センターのスタッフは全員親切で、毎月1回は補聴器の手入れにセンターへお邪魔しています。丁寧に掃除・調整をしていただき本当に助かっています。
補聴器は私にとって今やかけがえのない友です。終生の友です。そんな補聴器との縁を取り持って下さった補聴器センターのスタッフの方には感謝!感謝です。これからもよろしくお願いします。有難うございました。

山野雄司 様 【津市在住】

利用者の方

小生、昭和13年生まれ。頭脳も、身体も強い方ではありませんでした。大病も経験しましたが、古希を迎えられ幸せです。
最近、中電の「男の料理教室」を受講した時に、講師の言葉が聴き辛く、受講生が笑っているのに、自分だけキョトン?です。
コミュニケーションの出来ない生活は、楽しくありません。
耳鼻科へ行きました。いろいろと調べて貰ったが「異常なし」との事。
小学生の頃の夏、水泳に熱中し過ぎて外耳炎?を患った記憶はありますが、難聴に関係なしと、診断されました。
いよいよ補聴器か?・・・P社の製品を試聴の為に取り寄せ聞いてみるが、雑音が多くて一日で返品と言う結果に・・・。
半年経って、補聴器センターへ。
「どーせP社とチョボチョボやろ」・・・そんな気持ちで店に入りました。
スタッフの方の対応は期待に応えてくれました。
「アナタが主役!」「ウチ(店)は、売るだけと違う。
アナタの欲しい製品をいろいろ紹介しているのです」と、スタッフの方は納得するまで試聴テストをしてくれました。
説明に納得し、その場で注文をしたが、現物が届くまではとても不安でした。
(この時点では、未だ補聴器の品質を疑っていました)
補聴器を装用してから思うのは「補聴器センターへ行って本当に正解だったな~。」と日々、相棒と話しています。

中西賢司 様 【松阪市在住】

利用者の方

私は10年ほど前から補聴器を愛用させてもらっています。
補聴器を着ける前は聞き返しや聞き間違いが多く、日常生活で大変不便しておりました。
そんな時家族からの勧めもあり、補聴器の専門店・三重県補聴器センターでお世話になりました。
専門店以外でもメガネ店等で補聴器を取り扱っている話も耳にしますが、ここでは補聴器の専門スタッフの方が親身になって聞こえの悩みを聞いていただけました。現在の耳の状態を細かく調べ、それに基づいて補聴器の調整をしていただけました。不安だったアフターフォローもしっかりしていただき、毎日安心して補聴器を使っております。聞こえることの楽しさを皆にも知ってほしくて友人や親戚にも補聴器を勧めています。
補聴器を検討されている方や、購入後に不安を感じている方は安心の補聴器専門店での購入をお勧めします。

竹内一男 様 【伊勢市在住】

私は元々、耳の聴こえは良かったと思っています。何不自由無く定年退職をすぎた頃、家族から「テレビ音量が大きすぎる」又、声が大きい等、自分でも、会話の聴き間違いや、車が近くにくるまで聞こえなくて、怖い思いをしました。思い切って、家族と相談し、耳鼻科の先生に相談しました。先生より補聴器を勧められて、抵抗はあったものの、友人から、補聴器店を紹介されたのが切っ掛けでした。
補聴器を使用しての感想は、昔の若い時の気持ちが取り戻せた事。近所の人との会話が楽しくなり苦にならなくなり、テレビもバッチリ。車も怖く無くなりました。又、後から知った事なのですが、調整の差で聴こえが変わってくるとの事。ですから、私がお勧めするのは、購入してからのメンテナンス・調整アフターケアの充実しているお店です。早め、早めの装用が効果的とも知りましたので、皆様も是非、補聴器を付けて人生をエンジョイしましょう!

西村きさゑ 様 【伊勢市在住】

すっかり私の体の一部になった補聴器と出会ったのは、今から七年余り前の事です。 当時は対話するのに何ら不便を感じる事もなく補聴器には関心もなければ知識もありませんでした。
そんな時NHKの『生活ホットモーニング』で補聴器の話を聞き、もっと詳しく知りたい。 そこで補聴器センターを尋ね、納得のいくお話を聞き、私の聴力なども調べてもらったのが私と補聴器の出会いの始まりでした。 その後傘寿を迎えたころからテレビの音を一つ上げるとか、わずかずつですが変化が見られるようになってきました。
しかし補聴器はその都度調整され不自由さは感じませんでした。 補聴器は高度な技術を兼備していても何ら操作の必要もなく、私の望んでる音だけを送ってくれます。 四季の風の流れ、小鳥のさえずりなど心地よく私に伝えてくれる事など、有難い事です。 それに何より良かった事は、補聴器の機能を受け取れる能力の有る時期に補聴器に出会えたことが最良でした。唯、唯、感謝です

本多田鶴子 様 【名張市在住】

利用者の方

4年前、主人が入院した時、主人との会話で不自由を感じ、補聴器を購入しました。補聴器を装用することで、主人との会話もスムーズになり本当に助かりました。それからは、朝から晩まで補聴器をしています。おかげで、友達との会話にも加わることができるようになりました。また、電車に乗った時に、アナウンスが聞こえるようになって喜んでいます。

花尻薫 様 【熊野市在住】

利用者の方

50歳を過ぎた頃、耳の検査で「高い領域の音が聞こえにくいようですね。」と検査の担当者に言われましたが、別に気にもせず65歳くらいまで、聞こえのことは他人事のように思っておりました。
講演会や多人数の会合で小声が聞こえにくくなり、気に留めるようになりました。ものは試しと補聴器センターの検査を受けたところ、「左の耳のほうが低下しています。よく聞こえる補聴器がありますから、いかがですか?」と細かく内容を聞かせてもらい、人前で話す機会や大切な決め事もあり、耳の大切さをしみじみ味わいました。 思い切って左へ補聴器をつくることにして、当時自宅まで出かけていただき、詳しく検査を受けました。しばらくして補聴器を持参してもらって、つけた途端驚くほど明快な音が聞こえてきました。これで安心だと大切に扱い、そのうち右の方も低下したので、両方とも機械の世話になり、大変安心した生活ができるようになりました。最近ではからだの一部だから、大切にしなければと丁重に扱い、わが身のように考えています。

◆補聴器の福祉補助制度◆

補聴器は管理医療機器です。市町村へ申請し、総合支援法を利用して補装具(補聴器)費の支給をうけることが可能です。

◆社会事業・下取りサービス◆

下取りさせていただいた補聴器は米国スターキー社を通じ、恵まれない国の子どもたちへ寄付しています。
(寄付累計1,000台超)

補聴器あんしん保証パック

当店で補聴器をお買い求めいただいた方には、購入時すぐに嬉しいサービスと安心して使い続けることができるサービスをご用意しております。

ページTOPへ

弊社の特徴

利用者の声

補聴器のご案内

補聴器の種類

補聴器の選び方

STEP1 ご相談

STEP2 オトスコープ

STEP3 聴力測定

STEP4 補聴器の試聴

STEP5 器種の説明

STEP6 アフターサービス

お客様相談室

よくある質問

会社概要

社長挨拶

沿革

会社概要

採用情報

メッセージ

現在の求人情報

応募方法

CSR活動

きこえの財団との協力

中日新聞での紹介

朝日新聞での紹介

アメリカでの表彰

補聴器の福祉補助制度

聴力チェック

耳鼻科医のご紹介

補聴器の福祉補助制度

補聴器の学割制度

補聴器あんしん保証パック

購入時のサービス

保守サービス

お問い合わせ

サイトマップ

管轄エリア

  • 【桑名店】  いなべ 東員 木曽岬 多度 長島 大安 藤原 北勢
  • 【四日市店】 菰野 あさけ 楠 朝日 川越
  • 【鈴鹿店】  亀山 関 鈴峰 江島 寺家 白子
  • 【津店】   河芸 白山 高茶屋 芸濃 安濃 美杉 久居 香良洲 高野尾 一志
  • 【松阪店】  多気 勢和 飯南 飯高 明和 大台 宮川 大紀 紀勢 紀北 紀伊長島 海山
  • 【伊勢店】  小俣 鳥羽 志摩 磯部 浜島 片田 大王 阿児 和具 度会 玉城 南伊勢 南勢 南島 尾鷲 熊野
  • 【名張店】  青山 奈良 榛原 宇陀
  • 【伊賀上野店】阿山 大山田 滋賀 甲賀
copyright(C)三重県補聴器センター.All rights reserved.